痩身部門で総合優勝に輝いた大学生「強力なパートナーと二人で勝ち取った金メダル」

筋肉美・健康美を競いながらも、エンターテインメント性が高いと話題のボディコンテスト『Super Body Contest(スーパーボディコンテスト)』。その年内最終予選会となる「KAMAKURA11」 が11月13日(日)、神奈川県・鎌倉芸術館で開催された。通常カテゴリーよりも痩身な身体が評価されるTREND部門ではCHARM(18~39歳)クラスを制した小清水椎菜選手(20)がChampion of the show(総合優勝)に輝いた。

【写真】小清水選手のバックポーズ含むポージング

「素直に嬉しいです」
総合優勝が発表された舞台裏で、安堵の表情で喜びを噛み締める小清水選手。その隣には小清水選手を陰で支え続け、とびきりの笑顔で一緒に喜びを分かち合うパートナーの存在があった。

「じつは彼と一緒にこの鎌倉大会に出場したいと思っていたのですが、彼がケガで大会に出られなくなってしまい……、その想いをつなぎ大会に挑戦をしたので、このような結果をいただけてよかったです」

今大会がボディコンテストデビューだった小清水選手。現在、大学3年生でトレーニングは大学へ入学してから始めたそうだ。
「トレーニングを始めてから、何か目標を持ちたいと思うようになりボディコンテストに出場することにしました。先に彼がコンテストに出場していて、お勧めされていたこともあり、出場する決意を固めるのも早かったですね」

大会出場に向け、経験者の彼がトレーニングやポージングなど専属トレーナーとして指導。この日も舞台に上がる直前まで徹底してサポートしてくれたため、安心して競技に挑むことができ「まさに二人で勝ち取った金メダルです」と話す。

今年はもう一大会、12月10日に控えるFINAL大会にも臨むが、小清水選手は「いつか同じ舞台で二人揃って金メダルを掴むこと」を目指し強力なサポーターとともにこれからも邁進していく。

取材:FITNESSLOVE 撮影:中原義史

ピックアップ記事

関連記事一覧