• HOME
  • 記事
  • コンテスト情報
  • お気に入りの服を着こなすために!筋トレ初心者が意識改革でボディコンテスト挑戦中【筋肉道 Vol.08】

お気に入りの服を着こなすために!筋トレ初心者が意識改革でボディコンテスト挑戦中【筋肉道 Vol.08】

トレーニングの取り組み方は十人十色、始めたきっかけや目的ももちろん違う。ここでは、トレーニングに励む愛好家達の軌跡を辿ってみよう。今回紹介するのは、トレーニング歴5カ月の会社員・金子沙耶可さん(25)。「お気に入りのワンピースを着こなしたい」という理由からトレーニングを始めた金子さんが理想的なボディラインを手にする近道と考えたのは、ボディコンテストへの出場だった!?

【写真】スリムなボディラインをビキニで披露!金子さんのバックポーズを含むポージング

「理想的なボディラインに近づけるため、Super Body Contest(以下SBC)に出場するという目標があれば意識が変わり、好きな服をより着こなせると思ったんです」

そこから金子さんは週に3~4回、トレーニングに励みボディライン改善に努めてきた。そのトレーニングのなかでも、とくにお勧めしたいのがサイドバックヒップアップだという。自宅で壁などを使い、お尻を鍛えることができるため筋トレ女子たちの間でも人気の種目だ。あわせて上半身のトレーニングにも力を入れ、よりメリハリのあるボディを目指してきた。デビュー戦として挑戦した5月15日のSHIZUOKA大会では、惜しくも優勝とはならなかったものの、7月31日に開催されたLAGUNA TEN BOSCH大会ではTREND部門で優勝を果たし早くも頭角を現した。

「トレーニングを始めたときは、筋力がなくマシンですら持ち上げられず、ダンベルも1kgからスタート。他の人とは比較せず、自分と向き合えば必ず変わることができます」

金子さんが次に見据えるのは、12月10日に行われるSBCの各地方予選の上位入賞者たちが集うFINAL大会。「自分の欠点を一つひとつ塗りつぶしていきます」と意気込み全国の舞台に挑む。

取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真提供:Super Body Contest事務局

ピックアップ記事

関連記事一覧