「古典文学を伝えたい」アナウンサーの卵・吉岡恵麻がミス日本グランプリ=第55回ミス日本結果

2023ミス日本グランプリ 吉岡恵麻さん「日本らしい美しさ」を磨き上げ、社会で活躍することを後押しする日本最高峰の美のコンテスト「ミス日本コンテスト2023」が1月23日(月)、新宿京王プラザホテルにて開催された。ミス日本コンテストは、芸術芸能、学問研究、政治経済、医療スポーツ、行政などさまざまな分野で活躍する女性をこれまで50年以上にわたり輩出した。そして55回目となる今回は13名のファイナリストから、この年を代表する日本女性の美の最高位としてミス日本の称号が贈られた。

審査は「内面、外見、行動」の3つの美しさが基準となり、前日の1月22日に行われたパーティでは、自前のドレスの服装センスやパーティでの社交力も試されていた。当日は振袖で登場する着物審査からスタートし、各ファイナリストによる自己PRが行われ、その後のドレス審査やスポーツウェア審査では、ミス日本コンテストの「勉強会」で講師を務めた、金春流櫻間家第21代当主の櫻間右陣先生を始めとする各界で活躍する「先駆者」たちからファイナリストに向けて質疑応答が行われ、即興でのスピーチ能力も試されていた。

【写真】ミス日本グランプリに輝いた吉岡恵麻さん

13名のファイナリストの中から、2023年を代表する若く美しい可能性溢れる女性として「ミス日本グランプリ」に選ばれたのは、関西学院大学 社会学部 社会学科2年生の吉岡恵麻(よしおか・えま)さん(20)だ。

将来はアナウンサーを目指す吉岡さん。小学生の頃に出会った百人一首の和歌から古典や言葉の力に魅了され、古典文学の素晴らしさを広めるアナウンサーになりたいと将来の夢を語る。ミス日本コンテストに出場したきっかけの一つとなったのは、アルバイトをしている朝日放送の「newsおかえり」という番組で出会った政治評論家・元衆議院議員の金子恵美さんだったという。アルバイトの吉岡さんに対しても目線を合わせ、優しく語りかける金子さんに憧れを持った。後に、金子さんが「2004年度ミス日本コンテスト関東地区代表」と知り、心が動いたのだ。

ミス日本コンテストに向けての「勉強会」では思い悩んだこともあったと話す吉岡さんは、グランプリ獲得後、現在の心境を百人一首の和歌で表現した。

「『永らへば またこの頃や しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき(長い人生を生きれば辛い今も懐かしく思える時が来る)』。勉強会ではかなりしんどいな、と思うことがありました。周りの人(他のファイナリスト)が華やかで美しくいらっしゃるのに対して、“私はどうして何もできないんだろう”などと思い悩むことがありました。しかし、『グランプリ』という素晴らしい賞をいただいた今は、あれだけいろいろと考えたり、しんどいなと思っていたのが、今は懐かしく思えます」

吉岡さんは神社仏閣が大好きで、ミス日本としての任期である1年間で多くの神社仏閣に足を運び、財政難に陥る神社やお寺を助けたいと抱負を語る。

「御朱印帳が5冊目を突破するほど(神社仏閣が)大好きなんです。全国を回っています。いろいるな神社仏閣の行事に出席したいと思っています。特に地方では財政難に陥っている神社やお寺が多いんです。なのでそのようなところを元気づけたり、私なりにエールを送りたい、そして何か助けることができればいいなと思っています」

以前はマイナス思考だった吉岡さんがミス日本コンテストを通して得た大切なものがあるという。

「(以前は)他人と比べたり自分のできないところに目がついたりとマイナス思考でした。しかし、勉強会を通していろいろな先生と出会って、素敵なファイナリストと出会って、成長できたなと思っています。今では『ありのままの自分』で頑張ろうと思えて、前向きになれたと思っております」

将来、『古典文学を伝えるアナウンサー』として輝く吉岡さんの活躍が楽しみだ。

次のページ:ミス日本グランプリに輝いた吉岡恵麻さん


【結果】
ミス日本グランプリ:吉岡恵麻(よしおか・えま)
ミス日本「水の天使」:竹田聖彩(たけだ・せいあ)
ミス日本みどりの大使:上村さや香(かみむら・さやか)
ミス日本「海の日」:稲川夏希(いながわ・なつき)
ミス日本ミス着物:寺嶋 琴(てらじま・こと)
準ミス日本:東海林杏朱(とうかいりん・あんじゅ)

取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中原義史

ピックアップ記事

関連記事一覧