話題のオンラインサロン「鈴木雅塾」が人気の理由

ボディビル世界チャンピオン鈴木雅選手がDMMオンラインサロンで鈴木雅塾を6月に開設し、約1カ月が経過した。鈴木雅選手のトレーニング解説を視聴できるということで多くのトレーニング愛好家が登録した。実際に講義がはじまると参加者からは「鈴木さんがかけてきた時間や熱量を月1万ちょっとで学べるのはリーズナブルです」「毎日パーソナルを受けている感覚です!」とTwitterで好評の声があがっている。そんな鈴木雅塾が人気の理由に迫る。

Q.鈴木雅塾の内容とは?

鈴木雅塾では、トレーニングや栄養について考える「気付き」のヒントになることを伝えていきたいです。ボディメイク業界の多くは単一的な方法論、すなわち問題に対して答えが用意されていることが多いです。身体というのはインスタントなものではなく、癖や性質がさまざまあります。ですので、一括りにするのではなく、エラーが起きたときに改善策をいくつも持っているべきだと考えます。例えばグリップ、座り方、足元など。トレーニングをする上で、今まで気付いていなかった原因にアプローチする視点を養ってほしいです。弱点部位がある、筋肉が付かないときは、動きの改善が必要になってきます。そのときに何を考えたらいいのか、型で覚えるのではなく、理屈に置き換えて考えることが重要です。そのために感覚統合や解剖学、生理学、力学、いわゆるバイオメカニクスに基づき、さまざまな要素からアプローチしていきます。ただしトレーニングをテキストベースの座学だけではなく、実践でも伝えていくので、そこは鈴木雅塾の強みでもあります。

Q.参加者はどういった方が多いですか?

トレーニング熱心な方や勉強のために参加している人が多いです。トレーニングをはじめたばかりの方や女性の方もいます。

Q.特別講義の福永哲夫先生(東京大学名誉教授)の講義が配信されましたが、どういった内容だったのですか?

テーマは「トレーニングによって変えられるもの」でした。例えば「筋繊維は増やすことはできないが、筋断面の面積を増やすことはできる」「速筋繊維を遅筋繊維に変えることはできないが、中間繊維に変えることができる」といったエビデンスから何をすればいいのかといったことを紹介していただきました。

Q.トレーニングについて考えるようになったきっかけを教えてください

ボディビルをはじめた頃は重さをガンガン挙げて、理屈はそこまで考えていませんでした。しかし東京選手権で優勝した頃から「チャンピオンはトレーニングについて話せないといけない」と考えるようになり、実践していることに関して机上の空論ではダメだと思い、中身を考えるようになりました。そうしてトレーニングをしていくうちに身体は変わっていきましたし、さらに楽しくなったように思います。

Q.参加者のかたがパーソナルを受けている感覚になったというのはどういうことですか?

講義の後にコメントというかたちで質問をいただき最初はそれをコメントで返していました。現在は、LIVE配信を週に2度ほどゲリラで行って質問に答える時間を作っています。参加者の方からの質問もトレーニングをやり込んでいるのが分かるものが多く、その質問から1つだけではなくう2~3つテーマになることが出てくるので活発な質疑になっていると思います。

Q.どのような質問が多いですか?

現在機能的動作の講義を配信しているので「歪み」に関する質問が多くなっています。左右差、身体の歪み、矢状面あらみたときの骨盤の前傾や後傾などです。

今年はコロナウイルスの影響でパーソナルトレーニングも中止しているジムが多い中、鈴木雅塾はオンラインで質疑応答ができるなど、パーソナルトレーニングさながらのシステムで鈴木選手からトレーニングが教わることができるようだ。6月の講義は7月以降の入会でも視聴(有料で)できるが、6月に行われたLIVE配信は6月から会員になっていないと視聴できないので迷っている人は6月中に入会することを勧めたい。

DMMオンラインサロン鈴木雅塾

鈴木雅(すずき・まさし)
1980 年12月4 日生まれ 福島県出身。
2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009 年ワールドゲームズボディビル80㎏級3 位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016 年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2 つの世界大会でも優勝を果たした。

ピックアップ記事

関連記事一覧