骨盤の歪みを整えて、体幹と内もも引き締める!

肩コリや腰痛、冷え、便秘などの不調は骨盤のコンディションが悪くなっていることが原因かもしれません。ぽっこりお腹も、骨盤の歪みも大きな原因になっています。では骨盤のコンディションを整えるにはどうすればいいのか、元宝塚の生尾美作子さんに簡単にできるトレーニングを教えてもらいました。

教えてくれたのは… 生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。
2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス BurterflyLifeを立ち上げ、遺伝学、免疫学をベースにした自身のビューティーメソッドを6500社に提供している。

骨盤コンディションが悪くなると

骨盤、つまり腰周りは「月(にくづき)」の「要」という字の通り、人間の体の中心となる部分。全身のバランスを取る重要な役割をしています。骨盤のコンディションが悪くなると、肩コリや腰痛、冷え、便秘などさまざまな不調が表れてきます。ぽっこりお腹も、骨盤の歪みも大きな原因。骨盤が開いて空間ができると、内蔵が下に落ち、臓器が不自然に圧迫されて正常に機能しにくくなってしまうのです。そうなると新陳代謝が悪くなったり、リンパの流れやホルモンバランスが乱れるなど、症状も深刻化。骨盤の状態一つで、こんなにも体に影響があるんです。

“骨盤の歪み”とは

この骨盤の歪みというのは、骨そのものがズレるのではなく、骨をひっぱる筋肉のバランスが崩れることで起こります。例えば、同じ姿勢を長時間続けたり、足を組むクセがあるなど、左右に同じ負荷がかからないことで骨盤周りの筋肉もアンバランスになってしまうというワケ! これを修正するためには、「ゆるめる→締める」の手順で骨盤周りの筋肉をリセットすることが切。この「ゆるめる」が重要なポイントで、固まってしまった筋肉をほぐすことで、骨盤が正常な位置へと修復するのです。筋肉がほぐれたら、今度はしっかり締めて整えること。骨盤が正しい状態になれば、ぽっこりお腹も解消され、美しいくびれも夢ではありません。
女性の体は、妊娠・出産に備えて骨盤の可動域が男性よりも広くなっています。その分、不安定にもなりやすいので、無理なく続けられるストレッチで、骨盤のコンディションに気を使ってあげましょう。

体幹と内ももに効くトレーニング

ボールを正面に持ち(なければクッションなどで代用)、その状態から脚を曲げて体の位置を落とすプリエを行い、そこからカカトを上げて体をしっかり上に伸ばします。脚の曲げ伸ばしを5 ~ 10 回ほど繰り返し、体幹=軸をしっかり取れるようにするのと、内転筋に効かせることを目的としたトレーニングです。

1.まず胸の前でボールを挟んで持つ。肘は上げて肩は下げ、アゴは引く

2. 脚を曲げ、体の位置を落としていくバレエのプリエの動き

3.プリエの状態からヒールアップ(カカトを上げる)

4.ヒールアップの状態から膝を伸ばし、正面のボールを上に持ち上げる


取材・文_長谷川亮  撮影_ AP,inc.

 

ピックアップ記事

関連記事一覧