ストレスを呼吸で解消。簡単にすぐできるストレッチ方法[STEP3]

呼吸の質を改善して、日々のストレスや疲れをリカバリーするためのストレッチ法をご紹介します。トレーニングの前のアップや、起床後や出かける前など、軽く身体を動そうといったタイミングに簡単に行います。今回行う2つのストレッチは胸を広げたり閉じたりするので、呼吸の質が改善されます。

呼吸と胸部のストレッチ①

 

1.座って両足を抱え、骨盤はストンと落とす。頭もカクンと落として目線はオヘソへ。

2.息を吸いながら骨盤を立て、目線を斜め上に向けていく。この時に胸や肩を横に広げるイメージで。その後またフーっと吐いて力を抜く。

これを4回繰り返す。

深く呼吸をしながら鎖骨と肋骨をグーッと広げるイメージで行おう。

呼吸と胸部のストレッチ②

1.両手を組んで手の平を前に向け、そのまま背中を丸くする。この状態で息を吐き切る。目線は斜め下へ向ける

2.息を吸い込みながら骨盤を立て、手の平を上に向ける。このとき肩甲骨をグーッと横に広げるイメージで。

①⇔②で3回繰り返す

3.4回目に息を吸って吐きながら、手の平を上に向けてお花が咲くイメージで下していく。

呼吸とともに肩甲骨も大きく広げストレッチを掛けます。

 


 

生尾 美作子(いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団新幹線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス ButterflyLifeを立ち上げる。

文_長谷川亮  撮影_ AP,inc.

ストレスを呼吸で解消。簡単にすぐできるストレッチ方法▶[STEP1]はこちら!

ピックアップ記事

関連記事一覧