ストレスを呼吸で解消。簡単にすぐできるストレッチ方法[STEP1]

女性はストレスの影響を受けると呼吸が浅くなりがち。今回、紹介するストレッチは呼吸をする時に密接な関係にある肋骨、そこに付いている筋膜や筋肉を伸ばすものも含まれます。ストレスや緊張のせいで夜寝られないという人がいますが、あれは呼吸が浅い状態で寝ようとするからなんです。ダウンのストレッチを掛けながら深く呼吸をして、肋骨を広げたり閉じたりすることで呼吸の質が改善され、身体のリカバリーはもちろん、心を休ませることにも繋がってくるはずです。チューニング・ストレッチは血流を上げて疲労物質の除去にも繋がってきますので、積極的に生活へ取り入れていきましょう。

アップストレッチ

身体を起こしていく作業を行います。足を倒し脇腹をストレッチしながら深呼吸を繰り返す。呼吸は必ず鼻から吸って、噴水のように上へ吐き切ります。

1

寝転がって両手を上に上げる。足は肩幅、膝も肩幅に開く。


手と顔の向きは変えず、そのまま足を右側に倒す。


倒した状態のまま大きく呼吸、これを5セット繰り返す。

右が終わったら今度は足を左側に倒す。
呼吸を5セット繰り返す。

 

生尾 美作子(いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団新幹線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス ButterflyLifeを立ち上げる。

文_長谷川亮  撮影_ AP,inc.

ピックアップ記事

関連記事一覧