筋トレがオフの日は何をする?筋発達のために必要なこと

トレーニングを週3回行うとしたら、オフ日は何もしなくていいのだろうか? 何かしていないと何だか落ち着かない……そういう人もいるだろう。

文:Jack Nathanson, CSCS
翻訳:ゴンズプロダクション

トレーニングオフの日は何をするべきか?

例えば下記のようなトレーニングスケジュールを立てるとする。そのときオフの日には何をするのがいいのだろうか。

■月曜日:月曜日のワークアウトにスクワットとベンチプレスを組み込む
■火曜日:オフ日
■水曜日:水曜日のワークアウトにデッドリフトを組み込む
■木曜日:オフ日
■金曜日:金曜日のワークアウトにスクワットとベンチプレスを組み込む
■土曜日:オフ日
■日曜日:オフ日

トレーニングが休みの日はしっかり休養を取って、疲労した筋肉を休ませたほうがいい。あるいは、軽い運動を行うことで血流が活発になって疲労物質が押し流され、疲労回復が促せるという考え方もあるので試してみてもいいだろう。その場合、特定の競技を行っているアスリートなら、ウエイトトレーニングが休みの日に格闘技の練習をしたり、サーフィンをしている人なら海に出かけたりしてもいいだろう。あるいはヨガをやったりするのもいい。このようにワークアウトがオフの日に体を動かす場合は、ウエイトトレーニング以外のことをして心身をリラックスさせることを心がけよう。

多関節種目を盛り込んだワークアウトは、想像以上に全身を疲労させる。しかし、適切な頻度、適切な量で行うと、筋肉同士の連動性が高まり、心拍数を上げ、柔軟性を高め、より効率よく筋肉への刺激を得ることができるようになる。全身の筋肉をまんべんなく発達させたいなら多関節種目を取り入れ、トレーニング量の多いスケジュールを組むようにするといいだろう

ピックアップ記事

関連記事一覧