トップビルダーの上腕三頭筋トレで二の腕を太くする!

“令和の怪物”相澤隼人選手が武者修行として、先輩トップビルダーのトレーニングルーティンに挑戦するという月刊ボディビル誌の名物企画、ガチンコトレーニングバトル。今回は、日本屈指のバルクを持ち、今もなお進化し続ける〝ジュラシック〟こと、木澤大祐選手とガチトレ。実際に行っている腕の種目の中から『ダンベル・ワンハンド・トライセップス・エクステンション』に挑戦していこう。

取材・文_月刊ボディビルディング

ダンベル・ワンハンド・トライセップス・エクステンション

狙う部位は上腕三頭筋の外側頭である。通常、トライセップス・エクステンションは脇を開かずに行うが、この種目ではベンチに仰向けに寝た状態で脇を開き行う。スタートポジションからゆっくりと重さを受けながらダンベルを耳の近くに下ろしていく。この時に軽く頸反射を使う。肘の屈曲と同時に動作をしている側の腕の方に目線を向け、肘を伸ばすと同時に上を向くようにする。これによりストレッチから収縮までしっかりと負荷を受けながら動かすことができる。

【point】
外側頭を狙うために、肘を開いて行う。肘を曲げたところで1テンポ止めてから切り返すこと。

ボトムの切り返しの前にワンテンポ止め、その後一気に切り返す。感覚をかなり重視する種目で、後半になるにつれて三頭筋が燃えるように痛んできた(相澤)

木澤大祐(きざわ・だいすけ)
1975年1月9日生まれ
身長:170cm 体重:82㎏(オン)92㎏オフ
「ジュラシック木澤」のニックネームで親しまれる日本屈指のバルク派ビルダー。日本選手権には16年連続出場。2017年、名古屋市内に「ジュラシックアカデミー」をオープン。
1995 日本ジュニア選手権優勝
2003 ジャパンオープン選手権優勝
2008、2019 日本選手権4位
2014、2015、2019 日本クラス別選手権85㎏級優勝

相澤隼人(あいざわ・はやと)
1999年10月21日生まれ。神奈川県出身。身長164㎝、体重71kg(オン)83kg(オフ)
2015~2017 全国高校生選手権優勝
2017 日本ジュニア選手権優勝 世界ジュニア選手権75kg 級5位
2018 全日本学生選手権優勝
2019 東京選手権優勝 日本クラス別選手権70kg級4位 全日本学生選手権優勝 日本選手権9位

 

ジュラシック木澤の腕トレシリーズ

ピックアップ記事

関連記事一覧