力強い腕を手に入れるために欠かせない筋トレメニュー

“令和の怪物”相澤隼人選手が武者修行として、先輩トップビルダーのトレーニングルーティンに挑戦するという月刊ボディビル誌の名物企画、ガチンコトレーニングバトル。今回は、日本屈指のバルクを持ち、今もなお進化し続ける〝ジュラシック〟こと、木澤大祐選手とガチトレ。木澤選手といえば非常に大きな筋肉を持っていることで有名だ。今回は実際に行っている腕の種目の中から『EZバー・フレンチプレス』に挑戦していこう。

取材・文_月刊ボディビルディング

EZバー・フレンチプレス

EZバー・フレンチプレスは、上腕三頭筋の種目になる。この種目は、肩関節のストレッチも含めて行う。木澤選手自身、肩関節が硬く三頭筋が上手くストレッチしない為、この種目から入るとのことだ。

この種目は上腕二頭筋のカールのように、リズムを大切にする。ボトムまでしっかりと三頭筋にテンションをかけながら、ゆっくりとおろし、ボトムで1テンポ止めたあとに一気に切り返す。肘だけの動きに捉われず、軽く肩関節も動かしながら行う。これにより肩関節がストレッチし、次の種目からも三頭筋にテンションをかけながら行う事ができる。

EZバーは指先で握らず手のひらでしっかりとホールドする。三頭筋の種目だとサムレスグリップのイメージが強いが、この種目はサムアラウンドで行った。恐らくではあるがサムレスグリップで乗せるように持つと手首の動きが出てしまうが、サムアラウンドで行うことにより手首の動きが減るため、無駄な動作が無くトレーニングを行うことができるのだろう。

木澤大祐(きざわ・だいすけ)
1975年1月9日生まれ
身長:170cm 体重:82㎏(オン)92㎏オフ
「ジュラシック木澤」のニックネームで親しまれる日本屈指のバルク派ビルダー。日本選手権には16年連続出場。2017年、名古屋市内に「ジュラシックアカデミー」をオープン。
1995 日本ジュニア選手権優勝
2003 ジャパンオープン選手権優勝
2008、2019 日本選手権4位
2014、2015、2019 日本クラス別選手権85㎏級優勝

相澤隼人(あいざわ・はやと)
1999年10月21日生まれ。神奈川県出身。身長164㎝、体重71kg(オン)83kg(オフ)
2015~2017 全国高校生選手権優勝
2017 日本ジュニア選手権優勝 世界ジュニア選手権75kg 級5位
2018 全日本学生選手権優勝
2019 東京選手権優勝 日本クラス別選手権70kg級4位 全日本学生選手権優勝 日本選手権9位

[ジュラシック木澤流腕トレ記事]
▶ネガティブ動作で効かす『ワンハンド・ダンベル・プリチャーカール』
▶より刺激的に効かせる『EZバー・バーベルカール』

ピックアップ記事

関連記事一覧