【動画】ボディビル世界王者・鈴木雅が細かく解説「大胸筋の丸みに必要不可欠!ダンベルフライ」

男性の逞しさ・筋肉の象徴である「大胸筋」を発達させるアプローチとして、大きさ・厚みを作るコンパウンド種目のベンチプレス、輪郭を作るストレッチ種目のディップス・ダンベルプレスがあるが、丸み(大胸筋の立体感=奥行)を作る収縮種目のダンベルフライはしっかり行っているだろうか? ダンベルフライを取り入れていなかった人の中には、丸みの発達に伸び悩んでいる人もいるのでは。そんな悩みを解決すべく、今回はボディビル世界王者に輝いた鈴木雅選手が、大胸筋における丸みを作る胸のトレーニングを徹底解説! 

文:FITNESS LOVE編集部

【オススメ関連動画付き記事】▶【動画】ボディビル世界王者・鈴木雅が細かく解説「意外とできていない!?横腹をしっかり鍛えるためのツイストクランチ」

〈前置き解説〉ダンベルフライは、肩関節を大きく動かすため、肩を痛めてしまうこともしばしばある。ダンベルの下ろし過ぎによる過度なストレッチには気を付けよう。

スタートポジション

1.両手にダンベルを持つ。

2.ベンチ台に仰向けに寝る。

3.ダンベルを持った状態で両腕を広げ、胸のストレッチが感じるくらい開く。このときに、両腕も手のひら同士は向かい合わせ。

動作方法

1.息を遠くに吐きながら、両手・両肘を近づけるようにしてダンベルを挙げる。

2.スピードを一定に保ち、息を吸いながらダンベルをゆっくり戻していく。

3.1と2を繰り返す。回数は10回を3セットほど行う。

実際に動画でチェック!!

カッコいい腹筋を極めるならこれ!▶【特集】短期間で胸板を厚くするための大胸筋の鍛え方

もっと大胸筋を鍛えたいならこれを見ろ!!

ピックアップ記事

関連記事一覧