ボディビル世界王者・鈴木雅直伝!コンディショニング第1弾「股関節周辺のストレッチ」

「コンディショニング」といえばケガをしないためのケアなどのイメージがあると思われがちだが、これは筋肉をつけていく上でも非常に重要なファクターになるのを知ってほしい。筋肉をつけるには、まずトレーニングの強度を上げる必要がある。「強度を上げる」とは「負荷・回数を伸ばす」ことになるが、それらを永遠に伸ばし続けるのは不可能だ。どこかで頭打ちになったり、ケガが増えたりするもの。
そこで、全4回に渡り、ボディビル世界王者に輝いた鈴木雅選手直伝の「コンディショニング術」をお届けする。何かと伸び悩んでいるトレーニーや、筋トレ初心者必見の内容なので、ぜひ読んでいってほしい。

取材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

世界王者・鈴木雅選手オススメ関連記事▶ボディビル世界王者・鈴木雅流、筋トレコンディションアップ術大公開!!

モビリティエクササイズ下半身編 その1 股関節

〈前置きポイント〉どこの関節が動いているのか、軌道がどうなのかを意識して実践し、体感のいいエクササイズを取り入れよう!

パターン1

・膝を立て、もう片方の脚は後方に伸ばす。胸を張った状態で膝関節、足関節を曲げながら上体を前に出す。

パターン2

・膝を立て、もう片方の脚は後方に伸ばす。片方の手を後頭部に置き、膝関節、足関節を曲げながら側屈する。

パターン3

・膝を立て、もう片方の脚は後方に伸ばす。肋骨を締めながら上体を下に倒していく。

パターン4

・マットに両膝をつけ、肩関節屈曲の状態で片方の前腕をマットにつける。前腕を床から離さないようにしてお尻を後方に引く。

パターン5

・マットに両膝をつけ、骨盤をまっすぐに保ったまま上体を捻っていく。

パターン6

・膝関節、股関節を90度にして身体の前に置く。肋骨を締めながら身体を前に倒し、そのまま静止する。

パターン7

・膝関節、股関節を90度にして身体の前に置く。肩関節屈曲の状態で片方の前腕をマットにつけ、肋骨を締めながら身体を前に倒してそのまま静止する。

以上7つのパターンを、この記事を参考に、トレーニング前後や日々のコンディショニングとして行ってみよう。


鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。DMM オンラインサロン“ 鈴木雅塾”は好評を博している。

鈴木雅選手の動画解説シリーズ

ピックアップ記事

関連記事一覧