筋肉のサイズダウンを防ぐ”BCAA”の効果と摂り方

筋発達を促す目的で、BCAAは本格的なボディビルダーやリフターたちに積極的に摂取されてきた。

text by IRONMAN

効果

BCAAの作用は筋発達だけでなく、高強度の運動で傷ついた筋線維の修復や追い込まれて疲労した筋肉の回復、ワークアウト後の筋肉痛の緩和などを促す働きもある。

BCAAを摂取すると、筋肉へのタンパク同化が促進されることが多くの実験で示されてきた。また、筋肉の異化分解も抑制されるため、

筋肉のサイズダウンを防ぐという目的においてもBCAAは多くのアスリートに利用されてきたのだ。

必須アミノ酸には9種類があるが、BCAAにはそのうちの3つ(ロイシン、バリン、イソロイシン)が含有されている。特にロイシンは筋肉づくりには必須と言われていて、本格的な筋発達を目指しているアスリートのサプリメントプランには欠かせないものとなっている。

いつ摂るのか

BCAAを摂取する理想的なタイミングはワークアウト前、ワークアウト中、そしてワークアウト後であるというのが一般的な認識だが、研究によって次の事柄が報告されている。

●ワークアウト前にBCAAを摂取すると、運動中の筋肉の異化分解が抑制される

●BCAAの中のロイシンは骨格筋へのタンパク同化を積極的に促す

●運動による筋肉のダメージが抑制される

●ダメージを受けた筋肉の疲労回復を促す

これらのことを考慮すると、

BCAAを最大限に活用できる摂取タイミングはワークアウト前であると言えるかもしれない。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧