世界王者鈴木雅が選ぶベストトレーニングマシン「脚」編

今回は、鈴木雅選手が実際にトレーニングをしてきた中での各部位マシンの‟推し”を紹介。古の名機から最新の機種まで、これが鈴木選手のマイベストだ! ぜひ参考にしてみよう。

取材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩、IM編集部

FLEX・レッグプレス

レッグプレスのマシンの種類は豊富ですが、このFLEX 製のものはフットプレートの角度に特徴があり、足首が背屈しやすいです。そのため、足裏全体でフットプレートを押しやすいです。

FLEX・ハックスクワット

ハックスクワットは、角度がきついと下げていくときにネガティブ動作をかけづらく、そのためスティッキングポイントが大きくなり関節への負担が大きくなります。このマシンは角度が緩やかで、関節への負担がそれほど大きくありません。また、パッドが大きく、リバースでも使えます。

GALAXY・レッグエクステンション

このマシンはケーブルではなくチェーンが使われています。そのため、負荷のかかり方が一定で、フィニッシュでもしっかりと収縮できます。また、シートの角度も深くありません。股関節の屈曲が浅いので股関節も動かせ、大腿直筋に効きやすいです。

ICARIAN・レッグカール

現在のPRECORのレッグカールです。レッグカールは回転の軌道が大きいと脚を浮かさないと最後まで収縮できませんが、このマシンは回転の軌道がコンパクトに設計されています。さらにはパッドが回るので動作がスムーズにでき、負荷がハムストリングに乗りやすいです。また、これはハムの特徴でもありますが、収縮させる際には股関節が伸展した状態で膝を曲げないといけないので、少しチーティングを使わないと収縮できないことがあります。このマシンは、少しチーティングが使える構造になっています。

FLEX・ハムフレクサー

シングルレッグでレッグカールができるマシンです。股関節の伸展動作はシングルレッグのほうがやりやすく、またハムストリングを収縮させやすいです。腕で例えると、コンセントレーションカールをやっているような感じですね。シングルレッグでやることで伸展動作を行いやすいので、同時に収縮もさせやすいです。このマシンはスタートラックを経て、現在はノーチラスがフレックスモデルのマシンとしてリリースしています。


鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。DMM オンラインサロン“ 鈴木雅塾”は好評を博している。


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。

◀トップページに戻る

鈴木雅解説シリーズ

ピックアップ記事

関連記事一覧