ボディビル世界王者が伝授「ダンベルベントオーバーロウイング」|よくあるNG解説付き

ボディビル世界チャンピオンの鈴木雅選手がダンベルトレーニングを解説。ダンベルを用いたトレーニングのメリットは、「自由に動かせる」というところ。しかし、その分、動作が難しいので、よくあるNG動作になっていないかチェックしてみよう。ここでは広背筋、僧帽筋中部を鍛えるダンベルベントオーバーロウイングを解説する。[IRONMAN2022年3月号より修正引用]

取材・文:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

ダンベルベントオーバーロウイング

ダンベルベントオーバーロウイング

重要なのはワンハンドダンベルロウイング同様、「股関節で支持をする」こと。脚の幅は肩幅から腰幅くらいの広さで。重心は足裏全体にくるように。膝は曲げ過ぎず、骨盤を頭の方向に立て(少しお尻を上げるイメージ)、股関節で身体を支える。手のひらが向き合うようにしてダンベルを保持し、腰のあたりまで引き上げる

動作中、姿勢を崩さない。また、かかとに重心がいきやすいので注意。重心は足裏全体に

広背筋をさらに収縮させたい場合は、ダンベルが「逆ハの字」(アンダーグリップ)になるように引き上げる

◀トップページに戻る


鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。DMM オンラインサロン“ 鈴木雅塾”は好評を博している。


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。

ダンベルトレーニングシリーズ

ピックアップ記事

関連記事一覧