【動画】ボディビル世界王者・鈴木雅が細かく解説「ダンベルを使ったカーフレイズ」

カーフ(ふくらはぎ)は、人の全身の筋肉において、ときに自分の体重の何倍もを支える地面に近い筋肉だ。日常生活でも多く使われる筋肉だが、大きく逆さハート形に発達したカーフを持てるのは人だけ。                                                                                            そのカーフは人だけの特権なら、それを鍛えずして、人間の筋肉美は得られないのではないだろうか。今回は、ボディビル世界王者に輝いた鈴木雅選手が、ダンベルを使った家でもできるカーフトレーニングを徹底解説!

文:FITNESS LOVE編集部

【オススメ関連動画付き記事】【動画】ボディビル世界王者・鈴木雅が細かく解説「インクラインダンベルプレス」

〈前置き解説〉立った状態で行うとカーフ上側(腓腹筋)に効き、座った状態(膝を曲げた状態)で行うと下側(ヒラメ筋)に効きます。※効き方には個人差があります。

スタートポジション及び動作方法(立った状態)

1.片手にダンベルを持つ。

2.もう片方の腕で、何かに掴まり身体を支える(アジャストベンチを起こした状態の背もたれ、手すり、壁等)。

3.ダンベルを持っている腕と同じ側の脚で片脚立ちをする。

4.顔を下に向けながら、カーフ(ふくらはぎ)を収縮させるように踵を素早く上げる。

5.カーフを伸ばすように、ゆっくりと踵を下げていく。

スタートポジション及び動作方法(座った状態)

1.ベンチ・椅子等に座る。※座ったときに、最初から踵が浮いているのはNG。つま先から踵までしっかり地面に着いてること。

2.ダンベルを両手に持ち、両膝に乗せる。

3.カーフ(ふくらはぎ)を収縮させるように踵を素早く上げる。

4.カーフを伸ばすように、ゆっくりと踵を下げていく。

実際に動画でチェックしてみよう!

脚をもっと”脚”らしくしたい人必見!                                                                               ボディビル世界王者・鈴木雅が解説「スクワットの正しいやり方」【動画】

ボディメイクの達人が教えるトレーニング法!                                                                                                                                                                                                

ピックアップ記事

関連記事一覧