腕トレでマシンを使うべき理由【動画】

季節も変わり暑くなってきたため半袖やタンクトップで過ごす機会が増えてきました。太い腕を目指して、上腕二頭筋のピークを作るためにはどうすればいいのか? 鈴木雅選手にバーベルカールやコンセントレーションではなくマシンアームカールがいい理由を解説いただいた。

監修:鈴木雅(ボディビル世界チャンピオン)

動画で解説

マシンアームカールの注意点

グリップについて

親指は無理に握り込まない。前腕が回内し、肘が開きやすくなる。親指は添えるだけにする。また、指の近くで握ると手指に負担がかかり、また支点が上腕三頭筋ではなく肘になってしまう。サムレスで握る場合はハンドルを手のひらのつけ根に乗せること。ただしサムレスグリップは手首が返りやすくう、またサムアラウンドグリップよりも収縮力が弱くなる。

支点について

指先で握ると支点が肘になり、ピークが少し肘寄りの位置になる。肘に負担がかかり、また十分に収縮できない。

鈴木雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ 福島県出身。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009年ワールドゲームズボディビル80㎏級3位。2010年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。

取材:藤本かずまさ 写真:北岡一浩
※この記事は「IRONMAN(2020年7月号)」に掲載したものです。

ピックアップ記事

関連記事一覧