「全国大会で自分の位置を知りたかった」青森県出身のトレーナーが魅せたバキバキに割れた腹筋

鎌田威一郎選手

鎌田威一郎選手のバキバキに割れた腹筋

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。ここではメンズフィジークカテゴリーに出場した鎌田威一郎選手をご紹介。「自分の全国規模での位置を知りたい」と大会出場を決意。マッスルゲート東北で優勝した鎌田選手は優勝に届かなかったもののバキバキの腹筋など見事に鍛えあげた肉体美を披露した。

【写真】鎌田威一郎選手のバキバキに割れた腹筋

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

鎌田威一郎選手

トレーニングをはじめたきっかけは?

夏休み明けの先輩のバキバキな腹筋を見て。

なぜゴールドジムJAPAN CUPに出場したのですか?

自分の全国規模での位置を知りたかった。

現在のご職業

パーソナルトレーナー兼店舗責任者

普段のトレーニングメニュー

最近は筋力アップの高重量・低レップ

ゴールドジムJAPAN CUPに向けてのトレーニングメニュー

3〜5セットで8〜12レップの常にドロップセット

トレーニングをしていて辛かったこととそれを乗り越えた方法

他人と自分の成長速度の差(いわゆるセンス、才能)。ただ、比べることは無意味であり、それこそパーソナルトレーナーならばなおさら人と人を比べてはいけないものだというマインドに至った。

トレーニングをしていて良かったこと

人生が豊かになった。人脈、仕事がとても良くなったと思う。

食事でこだわっていること

自分の腸内環境との対話

大会に出場してよかったこと

5位という結果に終わり、この悔しさがコンテスト後のトレーニングの質を向上させている

2022年の大会目標

タイトルを獲る、負けた人に勝つ

【写真】鎌田威一郎選手のバキバキに割れた腹筋

ゴールドジムJAPAN CUP関連

ピックアップ記事

関連記事一覧