46歳の植木屋さんがレギンスで筋肉コンテストに登場!

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ウーマンズレギンス158㎝以下級に出場した須佐純子選手は、本格的にウエイトトレーニングを始めてから間もないという。惜しくも4位という結果になりメダルにはあと一歩届かなかったもののステージでは、きれいな腹筋を見せ、堂々とポージングを披露した。

須佐純子選手

レギンスで筋肉を披露

【写真】レギンスで筋肉を披露

須佐純子選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「普段スタジオレッスンしか受けていなかったのですが、コロナ禍でスタジオレッスンが中止になってしまったので、マシンを使ったウエイトトレーニングを始めました」

――そこから大会出場を目指すように?
「ガチトレーニングを始めたばかりですが、自分がどこまでできるか試してみたかったです」

――トレーニングのメニューはどのように行っていますか?
「脚、肩、背中と二頭、胸と三頭、腹筋の部位に分けてトレーニングしています。また、大会に向けては、有酸素とポージング練習を入れていきました」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「頑張ってトレーニングをしているのに、なかなか筋肉がつかない……。未だに克服できてません。難しい……」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「いっぱい食べてもそんなに太らなくなりました!」

――普段から食事なども工夫していますか?
「朝、卵4つ。タンパク質の多い物を食べて、油物やアルコールは控えめにしています」

――大会に出場して得られたものはありますか?
「たくさんの筋肉マッチョさん達に会えて、トレーニングの情報交換もでき、いい勉強になりました」

――最後に2022年の大会目標を教えてください。
「弱点部位の克服をし、新たなカテゴリーに出場できるように頑張りたいです」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次のページ:レギンスで筋肉を披露

ピックアップ記事

関連記事一覧