50歳以上とは思えない美ボディの秘訣はジャーマンボリュームトレーニング!?

西原啓子選手

ハードトレーニングで培った美ボディ

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ウーマンズレギンス163cm超級とウーマンズレギンス50歳以上の部の2つで銅メダルを獲得した西原啓子選手。大会出場のきっかけからトレーニング法、食事法を聞いた。

【写真】西原啓子選手のハードトレーニングで培った美ボディ

西原啓子選手

ーートレーニングをはじめたきっかけから教えてください。
「足を骨折し、ぷくぷく太ったのを見かねた家族に、ジムの入会届をつきつけられました」

ーー最初は痩せるためだったわけですね。なぜ全国大会のゴールドジムJAPAN CUPに挑戦したのですか?
「ウーマンズレギンスは1年だけと決めていたので、次のステップに繋ぐために出場しました」

ーー普段のトレーニングメニューを教えてください。
「背中の日、脚の日、肩の日、胸の日で分けています。脚の日は2回やるのと、胸の日はよく飛ばしてしまいます(苦笑)」

ーーゴールドジムJAPAN CUPに向けてのトレーニングメニューは何か変えましたか?
「約1ヶ月前から、スクワットとデッドリフト(ハーフ)のトレーニングボリュームをあげました」

ーー具体的にどのようなやり方ですか?
「GVT(ジャーマンボリュームトレーニング)で追い込みました。1日おきのGVTは、結構ハードでした」

ーートレーニングをしていて辛かったを教えてください。
「運動経験がなかったのでトレーナーさんを困らせることも多々ありましたが、ジムのトレーナーさんのおかげで、なりたい私に近づくことができています」

ーーでは逆にトレーニングをしていて良かったことは?
「毎日が充実することです」

ーー食事面はいかがでしょうか。
「良くも悪くも、ざっくりPFC管理しています」

ーー最後に大会に出場してよかったことを教えてください。
「身体のアウトラインが少しずつ変わったこと、強みも弱みも明確になったことです。2022年はJBBFの大会に挑戦したいです」

(取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介)

【写真】西原啓子選手のハードトレーニングで培った美ボディ

大好評!ダイエットビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧