大躍進を果たした神戸の逆三角形ボディ渡利寛子は魅力たっぷり

渡利寛子選手10月1日(土)、東京・北とぴあで『グランドチャンピオンシップス2022』が開催され、ボディフィットネスでは大谷美咲選手が連覇、競技歴9年のベテラン・金子真紀子選手が3位。2位に入ったのが、昨年6位の兵庫県連盟所属・渡利寛子選手となった。

【写真】美しいステージング&ポージング、そして肩回りが成長した渡利選手

渡利選手と言えば、以前から堂々としたステージングが魅力的なところに加え、各筋肉のパーツの完成度も高く、アウトラインが良い。渡利選手自身は昨年からの改善点を特に述べることはなかったが、今年は特に三角筋の発達が良く感じた。

またステージングやポージングも年々完成度が増し、大谷選手に次ぐ存在としてふさわしい順位となった。

10月18日(火)から韓国で行われる『世界女子フィットネス選手権』の出場は今回は見送り、来年に向けてさらなる筋肉の更新を行っていくという。

「まさか2位という順位をいただけるとは思ってもいなかったです! 昨年からの大きな改善点は特になかったです。今年は世界選手権は出ないので、来年に向けてさらなるバルクアップをしたいと思います。私の中では改善したいことはたくさんあるので、取り組むべきことに注力したいという気持ちです」

取材・撮影:FITNESS LOVE編集部

次ページ:美しいステージング&ポージング、そして肩回りが成長した渡利選手

関連記事☟

ピックアップ記事

関連記事一覧