元柔道女子がビキニ選手としてボディコンテストに挑戦を続ける理由【筋肉道 Vol.26】

トレーニングの取り組み方は十人十色、始めたきっかけや目的ももちろん違う。ここでは、トレーニングに励む愛好家達の軌跡を辿ってみよう。今回紹介するのは、小学校4年生から柔道を始め大学生まで柔道一筋だったという射手矢味香さん。現在は、ライフスタイルコーチとして、ボディコンテスト出場選手などのトレーニングやポージング指導をする傍ら、自身もSUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)のPRO選手として活躍中。果たして射手矢さんがボディコンテストに挑戦を続けるワケとは?

【写真】さすがのポージング!射手矢さんの美しいカラダ

「トレーニングを始めたきっかけは、人生なるべく自分を好きでいたいなという思いから、自分の良いところを磨いていこうと思ったのが始まりかなと思います。もともと、学生時代は柔道部に所属していたのですが、大学卒業を機にオーストラリアへ留学。その際に一度運動と離れ、日常から運動がなくなったライフスタイルに物足りなさを感じ、改めて自分のライフスタイルには運動やトレーニングが必要だと気付きました。思いっきり身体を動かしている時が、一番自分らしさを感じます。それと、一生健康的なハリのある美しい身体でいたいと思いました」

そこから身体づくりに励む射手矢さん。その先の目標として掲げたのがボディコンテストへの挑戦だった。
「じつは学生時代からボディコンテストには興味があったものの、初めは何から手をつければ良いのか全く分からない状態でした。当時は、コンテスト経験者やフィットネス業界の知り合いもまわりに居なかったので、右も左も分からないままひたすらSNSから情報を集めて取り組んでいました。『やっぱり無理かなぁ』と夢見心地だったころもありましたが、一度きりの人生なのでやってみたいな、と思えることに挑戦できる環境に感謝しながら、諦めずに目指してみようと思いました。いろいろなコンテストを調べるなかで、一番惹かれたのが現在出場している、金子賢さん主催のサマー・スタイル・アワードでした」

サマー・スタイル・アワードは、“トレーニングの文化、身体作りの文化を通して、健康に対する意識や個々の自信や目標を持つことの素晴らしさをもっと日本の方々に知っていただきたい”という思いを込めて立ち上げられたボディコンテスト。健康的でたくましく、かっこよさを追求しながら、身長別でスタイルを競い合う。そのなかで、射手矢さんはこれまでの成績から選抜された選手のみが契約できるSSA PRO選手として現在、ビキニカテゴリー4連覇中。

自身がボディコンテストに挑戦を続けるなかで、芽生えてきた想いもあるという。
「順位の付く世界に挑戦している以上、ステージを踏む毎に順位や評価が付いてくるのは当たり前です。その中で、たとえ思い通りに行かなかったとしても、そこで立ち止まらずに前進し続けたい。ステージに立つまでの努力の過程で、心身ともにどれだけ大きな成長を得られたか、そしてこんなにも素敵な同志を得られたことをステージに立つってすごいことだと思うんです。自ら目標を設定して、そこに向かってこれだけの準備を積んで……。ステージに上がるところまで来れた自分の素晴らしさと、それを達成することができた環境への『感謝』の気持ちを常に持って皆さんにも挑戦し続けてほしいなと思います。意識するまでもありませんが、まわりへの『感謝』の気持ちとともに生きていると、自ずと益々頑張ろうと思えるんです。それが、私がコンテストに挑戦し続けている理由の一つでもあります」

最後に射手矢さんに「トレーニングの素晴らしさとは?」を聞くと、「心身ともに健康的に美しくなれることです!筋トレをしていると、身体にも心にも筋が通る気がします。なりたい身体になるのは、決して簡単なことではないし、それなりに時間もかかります。でも、だからこそ、それを貫く精神と少しずつ変化を見せる身体の成長を感じつつ、“終わりのない挑戦”を楽しめているのかなと思います」と熱い想いがかえってきた。

次ページ:さすがのポージング!射手矢さんの美しいカラダ

取材:FITNESSLOVE編集部 写真提供:射手矢味香

ピックアップ記事

関連記事一覧