「普通のおばさんでした」大会出場を決意し、9kg減量に成功した49歳会社役員【筋肉道Vol.42】

大橋あかねさんトレーニングの取り組み方は十人十色、始めたきっかけや目的ももちろん違う。ここでは、トレーニングに励む愛好家達の軌跡を辿ってみよう。今回紹介するのは、大会出場を決意することで9kgの減量に成功した大橋あかねさん(49)。11月5日に行われたマッスルゲート静岡のドリームモデル163cm以下級で優勝。出場を通して変化を体感し、伝えたい思いがあるという。

【写真】大橋あかねさんのキラキラと輝くドレス姿

大橋あかねさんは会社役員をしながら多忙な日々を送っていたが、今年の4月中旬に安井友梨さん主催の『ドリームモデル』というドレス競技があることを知る。
「イブニングドレスを着てステージに立ちたいと思い、新競技開催のニュースを知ってジムに入会することにしました」

入会から約6~7カ月という短い期間での大会出場。大橋あかねさんは躓くことも多かった。
「筋肉がない焦りから、無理をしてケガをしたり、減量が停滞してしまったり……。辛かったです。ただ、『焦っても仕方ない』と初心に戻って、ステージに立った自分を想像して、欲を出さず感謝の気持ちで過ごそうと気持ちを切り替えました。まずはケガを治して、姿勢を良くするなど基本を見直しました。減量は沢山の本を読み、理論を知ることをから始めて、自分に合う食事法で停滞を乗り越えました」

大会当日、ブルーのドレス姿で優雅にポージングを決めた大橋さんは163cm以下級で優勝した。
「大会を目指す前は、普通のおばさんでした。準備ができてから大会に出るのではなく、出ると決めて準備をしていくことが大切だと思います。出ると決めてジムに入会して9kg減量、ポージングレッスン、ヘアメイクの練習、毎日が怒涛のようでしたが、結果を残せなかったらどうしようと悩むのではなく、ステージに立てる感謝の気持ちを持って過ごせればどんな結果でも成長した自分に出会えます」

ダイエットしたい、痩せたいと悩んでいる人は、目標を作る意味でコンテストに挑戦してみるといいかもしれない。9kgの減量に成功した大橋さんは、キラキラと光るドレスよりも印象的なキラキラとした笑顔をステージでみせていた。

次ページ:大橋あかねさんのキラキラと輝くドレス姿

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

ピックアップ記事

関連記事一覧