膝関節をサポートする「非変性II型コラーゲン」って何?

ハードトレーニーの多くは日常生活において膝に違和感を覚えたり、ウェイトリフティングによって膝関節がギスギスしたりする人は多くいるだろう。膝関節にある軟骨は、骨と骨のクッションの役割をもち、日々、再生と破壊を繰り返している。年齢を重ねたり、過度な負担をかけすぎたりすることで腫れや違和感などが生じやすいため、生涯トレーニングを続けるためにも、ケアを怠らないようにしたいものだ。


スポーツサプリメントWINZONEシリーズの「JOINT GUARDIAN(ジョイントガーディアン)」は、膝関節の柔軟性・可動域に着目し、同シリーズ初の機能性表示食品としてリニューアルした。

JOINT GUARDIAN(ジョイント ガーディアン) 内容量:錠剤タイプ 31粒(31日分) 価格:4,980円(税込) 機能性関与成分:非変性II型コラーゲン配合

20種類以上存在しているコラーゲンの中でも、主に軟骨に存在しているのが「II型コラーゲン」という。しかし、II型コラーゲンは熱に弱いデリケートな成分であるため、本来の“型”が壊れていない“非変性”、つまり型が変わらないことが大事になってくる。口から摂取しても消化器官で分解されてしまうことがない「非変性II型コラーゲン」を配合したサプリメントが「JOINT GUARDIAN(ジョイントガーディアン)だ。非変性II型コラーゲンは、特長的な構造を維持したまま腸まで届き、免疫寛容作用を示すことが臨床試験(※1)によって確認されたのだ。

非変性II型コラーゲンを摂取すると、90日(約3ヵ月)、120日(約4ヵ月)でひざ関節の可動域が広がった。

私たちが口から摂取した食物やサプリメントなど、生体にとって必要なものを異物として認識せず、過剰な免疫反応が抑制される仕組みを経口免疫寛容という。非変性II型コラーゲンは、この経口免疫寛容をもつため、異物ではなく、栄養素として認識され免疫細胞の関節軟骨への攻撃を抑えることが報告されている。アメリカで5つもの特許(※2)を取得したというのも納得の機能性成分だろう。

さらに2つの軟骨成分プロテオグリカンとコラーゲンをバランスよく配合。アンチ・ドーピング認証プログラムINFORMED-CHOICEを取得しているため、より安心して摂取できそうだ。1日1粒と手軽で継続しやすいため、膝関節に負荷がかかる運動を継続している人は、機能性表示食品のサプリメントを活用してみてはいかがだろうか。

※1 臨床試験について
健常な男女55名が非変性II型コラーゲンを1日あたり10mg含むサプリメントと、プラセボ(非変性II型コラーゲンを含まないサプリメント)を4か月間摂取したところ、非変性II型コラーゲンを摂取することにより、非変性II型コラーゲンを含まないサプリメントを摂取したプラセボ群に比べて、関節の可動域である曲げ伸ばしの範囲(すなわち柔軟性、可動性)に有意な改善が確認された。
J Int Soc Sports Nutr, 10;48, 1-12 (2013)

※2 II型コラーゲン原料がアメリカで5つの特許
【米国特許番号 5529786】【米国特許番号 5637321】【米国特許番号 5645851】【米国特許番号 5750144】【米国特許番号 7083820】

JOINT GUARDIAN(ジョイント ガーディアン)

内容量 :錠剤タイプ 31粒(31日分)
価格:4,980円(税込)
機能性関与成分:非変性II型コラーゲン
届出表示 :本品には非変性II型コラーゲンが含まれます。非変性II型コラーゲンにはひざ関節の柔軟性、可動性をサポートすることが報告されています。

お問い合わせ 日本新薬ヘルスケア公式ショップ 0120 -751-348

 

ピックアップ記事

関連記事一覧