背中を鍛えるベントオーバーロウイング【ワンランク上のトレーニング講座】

ジムでマシンを使ってトレーニングをする際、しっかり腹圧を意識できていますか? ゴールドジム・スタジオインストラクターのnaoさんは、トレーニングをする際に腹圧がかかっていない女性が多いと指摘します。しっかり腹圧をかけることで、代謝も上がり、消費カロリーもアップします。シェイプアップ、筋力アップを目指すなら、まずは腹圧をきちんと使えるようになることが大切です。そこで今回は、トレーニングを行う際の腹圧のかけ方についてご紹介していきます。今回のトレーニング種目は、「ベントオーバーロウイング」です。

ベントオーバーロウイング

背中(広背筋)を鍛える種目

腰幅くらいに足を開き、バーの近くに立ちます。膝を曲げずに腰を折っていき、これ以上いけないところまで倒し、その位置で膝を軽く曲げるようにします。
背中に力を入れた状態からスタートし、低い姿勢を保つことを意識しましょう。内転筋から力を入れていくイメージを持ち、背中を広げて力を入れてからバーを引いていきます。

はじめはバーを持たずにフォームを固めるのもおすすめ

NG背中が曲がっている

 

背中が曲がっていると、力が抜けており腹圧がかかっていません。NGフォームでないかチェックをしましょう。誤ったフォームは対象部位に効かせられないだけでなく、ケガにつながる恐れがあるので注意が必要です。

 


教えてくれたのは… naoさん
ゴールドジムスタジオインストラクター兼スタジオディレクター。
1996年よりボディビルを始め、2005年東京選手権優勝、2015年日本選手権女子フィジーク2位、2016年北京アジア大会優勝、2016年世界選手権大会7位、2017年アーノルドクラシックコロンバス8位と、数々の好成績を収める。

取材・文_鍋谷涼香  写真_北岡一浩

 

ピックアップ記事

関連記事一覧