どうしたら筋肉は発達するの?【筋トレ基礎知識】

せっかく運動を始めたのだから、できるだけ無駄なく、効率的に到達したいですよね。筋肉が発達し、余分な脂肪を燃焼するのには理由があります。そのメカニズムのイメージを持つことができれば、筋トレの効果が最大限に引き出されるでしょう。そこで今回から14回に分けて、筋トレ基礎知識をチェックしていきましょう。今回は「筋肉はどうしたら発達するのか」について解説していきます。

文_Woman’sSHAPE編集部

【関連記事】➧筋トレ初心者が知っておきたい筋肥大するための食事について

どうしたら筋肉が発達するの?

トレーニングをすると筋肉が強靭に生まれ変わります。このことを「超回復」と言います。筋肉の損傷はトレーニング後に筋肉が熱をおびたり、軽い痛みを感じたりする「バーニング(Burning)」、筋肉中の血流が増大し、一時的に膨張する「パンプアップ」、その他、よく知られた例として、トレーニングの翌日や、翌々日まで痛みが残る筋肉痛などによって体感されます。こうした身体の適応反応は、トレーニングによって筋肉が傷ついた証であり、同時に、回復に向けて準備が始まっていることを示すものです。

\合わせて読みたい/
➧効率よく筋肉をつけるための筋トレプログラム
➧万年ダイエッターが見つけた体脂肪を7%落とす減量法

\大人気/筋トレビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧