ジムでよく見かける間違いだらけのマシンエクササイズ|Vol.03 胸トレ「チェストプレス」

マシンエクササイズは、ジムに通う女性にとっては欠かせない筋力トレーニングのメニューです。ただし、フリーウエイトと違ってなかなかインストラクターの正しい指導が受けられないのも事実。そこで、パーソナルトレーナーの天童愛ゆ美さんに”正しいマシンエクササイズ”のやり方を紹介していただきました。今回ご紹介するのは、バストアップに効果的な『チェストプレス』です。

【解説】ジムで見かける「チェストプレス」のよくある間違い!

チェストプレス ココに効かせる!大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋

チェストプレスは、ベンチプレスに比べて安全性が高いので女性にも好まれるトレーニングです。主な効果はベンチプレスと同じく、大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋などで、女性の場合は、バストアップや矯正、上半身のラインを美しく仕上げます。

(※まずは動作を確認)

横から見たとき、背中がカーブを描きながらシートに寄りかかり、シートの間に隙間ができるように胸を前に突き出します。肩に余計な力みを入れず、背筋を伸ばして、シートの深い位置に座ります。そして動作に入る前から胸を張っておきます。力み過ぎないようにゆっくりバーを前に押しましょう。

▶次ページ:チェストプレスのよくある間違いを解説!

【関連記事】

ピックアップ記事

関連記事一覧