ジムでよく見かける間違いだらけのマシンエクササイズ|Vol.02 脚トレ「レッグカール」

マシンエクササイズは、ジムに通う女性にとっては欠かせない筋力トレーニングのメニューです。ただし、フリーウエイトと違ってなかなかインストラクターの正しい指導が受けられないのも事実。そこで、パーソナルトレーナーの天童愛ゆ美さんに”正しいマシンエクササイズ”のやり方を紹介していただきました。今回ご紹介するのは、脚トレには欠かせない『レッグカール』です。

【解説】ジムで見かける「レッグカール」のよくある間違い!

レッグカール ココに効かせる!ハムストリング(太ももの裏側)、下腿三頭筋(ふくらはぎ)

レッグカールは、アキレス腱にパッドをあて、殿部の方向に引き付けて上げる動作により主に太ももの裏側を鍛えるトレーニングです。もも裏からヒップにかけてのきれいなバックラインをつくります!

(※まずは動作を確認)

①グリップは力まずに握り、背筋を伸ばしてパッドに肘を置き、首を真っすぐに。
②うつ伏せになったときの膝を、マシンの回転軸の支点に合わせる。
③ロールは足首の裏のアキレス腱のあたりに当てゆっくり膝を曲げましょう。

▶次ページ:レッグカールのよくある間違いを解説!

【関連記事】

ピックアップ記事

関連記事一覧