尻トレの定番「ヒップリフト」のハードなやり方

トレーニングをする方たちにはもうお馴染みのバランスボール。エクササイズボールや、スイスでリハビリや学校の椅子としても使用されていることからスイスボールなどとも呼ばれています。空気が入った丸い形状が生み出す不安定感によって、ボールに座るだけでも日常とは違った刺激を体に得ることができます。更には、コアを中心としたさまざまなエクササイズを行うことができます。
今回は、尻トレの代表種目「ヒップリフト」を紹介していきます。

Ball ヒップリフト

コアヒップハムストリングス
10回

膝が約45°になる位置でボールにかかとを乗せたまま、通常のヒップリフトを行います。お腹を薄く平らにしながらお尻もしっかりと締め、上で一旦キープします。

動作を繰り返す際に、床のギリギリの位置まで(手が入る位)お尻を下ろすようにすると緊張感が保たれます。常にコントロールする意識を高めましょう!

 

教えてくれたのはShieca(シエカ)さん
1979 年生まれ。フィットネストレーナー/ReebokONEアンバサダー。運動経験ゼロであったが、体型の崩れをきっかけに2007年、27歳で筋力トレーニングを開始。JBBFボディフィットネスに出場し、東京・関東(初代)・東日本(初代) 大会チャンピオンとなる。2010年に全日本大会準優勝、11年東アジア選手権代表に選出。実体験も交えながら、トレーニングや食事など日々のケアを提案する活動を展開中。


取材・文_近藤知江
撮影_北岡一浩
Woman’sSHAPEvol.04 掲載

ピックアップ記事

関連記事一覧