元宝塚直伝!体軸・重心を整えるバレエ式トレーニング

生活の中におけるクセや偏った体の使い方により、生じてくる体の歪みやズレ。本来、人の体はそうした非対称が生じるものですが、その左右差を極力少なくすることで、日々のコンディションはもちろん、取り組む競技のパフォーマンス向上にも繋がります。体の軸と重心を整えるメソッドをバレエ式トレーニングに学びます。

教えてくれたのは… 生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。
2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス BurterflyLifeを立ち上げ、遺伝学、免疫学をベースにした自身のビューティーメソッドを6500社に提供している。

体軸と重心を整えるトレーニング②

1. 自然体で、足を肩幅よりやや開いた状態から

2. 左足を開いて外側に開き、爪先と同じ方向に膝を向ける

右手を上げ、左手は後ろに伸ばす。体の捻りが強制的に入ってくる

3. そこから前にある右手を下げ、左手を上に上げる

目線は指よりさらに先を見る。この体勢で5カウントから1 0カウントキープする

4. 逆の体勢でも行う

右足を開いて外側に開き、左手を上げ、右手は下げる

5. そこから左手を下げ、右手は上に上げる

目線は左手より先を見る。この体勢で5カウントから10カウントキープする


取材・文: 長谷川 亮 写真:北岡 一浩
※この記事は「Woman’sSHAPE (Vol.15)」に掲載したものです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧