トレーニング前に行うといい調整法

日々の変化だけでなく、朝・昼・夜と1日の中でも人の身体は変わるもの。今回はトレーニング前のチューニング方法(調整法)をご提案。呼吸法を意識することで、毎日のコンディションにもきっと変化が見られるでしょう。

教えてくれたのは… 生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。
2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス BurterflyLifeを立ち上げ、遺伝学、免疫学をベースにした自身のビューティーメソッドを6500社に提供している。

トレーニング前のチューニング

腹直筋や肋骨周辺を伸ばすメソッド。トレーニング後に行う場合は腹式呼吸で深く息をするのを意識しましょう。

1.うつ伏せになる。

2.両手で上半身を持ち上げる。

3.できる人は手を体の方に寄せ、さらに上半身を引き上げ目線は上を向く。この状態で呼吸を行う。

 


取材・文: 長谷川 亮 写真:北岡 一浩
※この記事は「Woman’sSHAPE (Vol.14)」に掲載したものです。

ピックアップ記事

関連記事一覧