寝起きに効果的。交感神経を優位にさせる調整法

日々の変化だけでなく、朝・昼・夜と1日の中でも人の身体は変わるもの。
今回は時間帯に合わせたチューニング方法(調整法)をご提案。時間帯に合った取り組み、呼吸法を意識することで、トレーニングライフ、そして毎日のコンディションにもきっと変化が見られるでしょう。
まずは、朝の交感神経にアプローチする調整法をご紹介。朝は交感神経を優位にすることで、身体を目覚めさせます。

教えてくれたのは… 生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。
2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス BurterflyLifeを立ち上げ、遺伝学、免疫学をベースにした自身のビューティーメソッドを6500社に提供している。

朝のチューニング

朝、交感神経にアプローチするためのメソッド。胸を大きく開いてしっかり息を吸い込みます。

1. 仰向けになって寝る。

足は肩幅かやや広い程度にする

2. 手の平は地面につけて、そこから腰を持ち上げる。

3. 手を腰の下で組んでさらに腰を持ち上げる。

この状態で心地よさを覚えるまで何度か深呼吸。

4. 元の体勢に戻る。


取材・文: 長谷川 亮 写真:北岡 一浩

ピックアップ記事

関連記事一覧