ボディビル世界王者が解説「厚みをつけるロウイング系種目」実践編

鈴木雅選手がトレーニングをディープに、詳細に解き明かしていくこのコーナー。今回は、ロウイング系種目を解説。背中の厚みをつけるには欠かせないエクササイズを紐ひも解きます!

取材・文:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

【この記事を読む前に】ボディビル世界王者が解説「背中の厚みをつけるロウイング系種目」

ストライブマシン・ロウイング

マシンの角度に体を合わせて座り、骨盤を立てて腹圧をかける。体を伸ばすのではなく、前に突っ込む感じでハンドルを引く

狙うのは背中の上部(印で囲った部分)。
体は後ろに倒さない

座り方

足幅は狭めにし、カカトを浮かして膝は鋭角に。この姿勢をとると、大腿四頭筋で踏ん張りやすい。腹圧はしっかりかける

よくある間違った引き方

腹圧をしっかりかけて動作することが大切。腹圧をかけていないと、座る部分が傾斜していることもあり、写真のように引いたときに前方にお尻が動いてしまう。上の正しい引き方とお尻の位置を比べてほしい

ハンマーマシン・DYロウイング

広背筋の上部が主なターゲット。体を伸ばすように引ききる。戻すときは自分から肩甲骨を広げるのではなく、重量に耐えながら戻していけば、最後に自然に肩甲骨が広がる。戻すときはここまで耐える。ストンと下ろさないように。肩甲骨が自然に広がり、広背筋上部がストレッチされる。腕は完全に脱力はしない。

シートの高さ

引いたときに肩が上がらずに引き切れる位置にシートの高さを設定する。ここは非常に重要。それよりシートの位置を高くすると、肘を引きつける位置が上体の下のほうになるため広背筋下部、中部に効かせるバリエーションも可能になる。

次ページはダンベルロウイングから解説する

大好評!トップビルダーの減量食

ピックアップ記事

関連記事一覧