食べながら減量するために知っておきたい2つの魚!大事なのはタンパク質だけじゃない!

食べながら減量を成功させるための食材がある。今回はそのなかから推奨する2つの魚を紹介しよう。

文:James Conklin, RD 翻訳:ゴンズプロダクション

【関連】減量関連の記事一覧

サーモン&ツナ

サーモンにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている。オメガ3脂肪酸は炎症を抑制し、脂肪酸でありながら体脂肪の減少を促す性質もある。生のサーモン100gには20g程度のタンパク質が含まれていて、減量期には筋量の維持に役立つ。

ビタミンDが豊富な点も見逃せない。ビタミンDには体重を管理する働きがあるためだ。また、サーモンに含まれるビタミンB6にはストレスを和らげたり、気分を安定させる働きがある。気分が不安定になりやすい減量期には、このような働きはとても重要になってくる。専門家によると、天然のサーモンは、養殖ものと比べて高品質のタンパク質が含まれているそうだ。

ツナ(マグロ)もまた、ニシンやサバと同じように脂身の多い魚で、オメガ3脂肪酸を多く含んでいる。減量期には、これらのオメガ3脂肪酸を多く含む魚は大いに減量を促してくれるので、積極的にメニューに加えよう。

続けてお読みください。
▶食べながら減量するために知っておきたい3つの野菜

腹筋関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧