最年少王者・相澤隼人がこれ!とおすすめする「インクラインベンチプレス」ポイントは挙上時にあった

2019年に10代でミスター東京、そして日本選手権ファイナリストとなり、ボディビル界の超人となった相澤隼人選手。そんな相澤選手が「今、この種目の重量を伸ばしたい!」と考えている種目「インクラインベンチプレス」。ポイントは挙上で粘るときのある動作!

取材・文:藤本かずまさ 撮影:岡部みつる

【関連記事】相澤隼人「成長と意識改革によるトレーニングメニューの変遷」

インクラインベンチプレス

動作

手幅はベンチプレスと同じ幅。下ろす位置は鎖骨からバーベル1本分下あたり。大胸筋は紡錘筋のためストレッチ系種目に反応しやすいという特徴がある。ダンベルフライもストレッチはしやすいが、バーベルの利点は手幅が変わらないところにある。ダンベルは軌道が安定しないためストレッチポジションで負荷を逃してしまうこともあるが、手幅を変えられないバーベルではストレッチポジションでもしっかりと負荷を乗せられる。また、ボトムで少しグリップを緩めることもでき、よりストレッチをかけられる。

ポイント

挙上で粘るときは内転筋でシートを挟む。スティッキングポイントでぎゅっとシートを挟むようにすると粘る際の力が入れやすくなる。

NG

つま先を外に向けてると背面部の収縮が強くなり、ブリッジは組みやすいが、腹圧はかけづらくなる。足は軽く開く程度にし、足裏全体を床につける。足の位置が身体のほうに近くなると、カカトが浮いてしまう。

合わせてお読みください。
▶かっこよすぎるボディビルダー・嶋田慶太が上腕二頭筋の弱点を克服した種目


藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。


 

大好評!トップボディビルダーのビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧