• HOME
  • 記事
  • トレーニング , mens
  • ベンチプレス83kg級世界チャンピオンの丸太のように太い腕の筋肉をつくったトレーニング!そのやり方を公開!

ベンチプレス83kg級世界チャンピオンの丸太のように太い腕の筋肉をつくったトレーニング!そのやり方を公開!

ベンチプレス83kg級世界チャンピオン、鈴木佑輔選手。その肉体は筋肉の鎧のようで、特に周囲48㎝という極太の腕がひときわ目を引く。その太くて強い腕は、どのようにして作られたのか。

取材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

先にこちらをお読みください:ベンチプレス83kg級世界チャンピオンの丸太のように太い腕の筋肉をつくったトレーニング

上腕三頭筋のトレーニング

ライイングエクステンション

ライイングエクステンションでは40kgのバーに40kg 分のチェーンを装着。これを7回2セット。「腕を太くするには背中が絶対に必要なような気がします。背中が強くないと、(身体を)押さえてられないから。また、重いのを扱わないと、太く、強くはならないんじゃないかと思います。もちろん、パンプ感も必要だと思います。パンプさせて、そこに意識がいって、サイズが膨張するのを繰り返していけば、キャパシティーが増えていくので、腕も太くなりやすいと思います」

バーベルは頭の後ろまで下ろす。動作としてはスカルクラッシャー
ではなく、プルオーバーに近い

プッシュダウン

ラットマシンと向き合うのではなく、マシンの支柱に背中をつけた状態で行う。こうすることで身体が垂直に保たれ、
体重をかけて押すことがなくなり、三頭筋の筋腹に負荷が乗りやすくなる。ロープは上のほうを持つ

 

ロープの先端部分を持つと、
このように肘が外を向いてし
まう。「肘の向きがベンチでは
大事なんです。ベンチで肘が
外に向いてはいけないです」

続けてお読みください。
▶効果的なクローズグリップ・ベンチプレスで太い上腕三頭筋を手に入れる【動画解説付き】

鈴木佑輔(すずき・ゆうすけ)
1984 年9月5日生まれ。茨城県守谷市出身。
身長169㎝、体重79.95kg。
2010年~2014年ジャパンクラシックベンチプレス選手権4連覇
2013年~2015年、2017〜2019年アジアクラシックベンチプレス選手権優勝
2018年~2019年世界クラシックベンチプレス優勝
66㎏級ノーギアベンチプレス日本記録(190.5㎏)・アジア記録(175㎏)83㎏級元世界記録(216.5㎏)世界記録(211㎏)保持。公式大会の自己ベスト記録は222.5㎏。トレーニング以外の趣味:釣り。「このジムの近くの川でトラウトフィッシングをやります。今はまだ禁漁なのですが、2月16 日から解禁になるんです」


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。

マッスルゲート優勝者関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧