トレーニング mens

最年少王者・相澤隼人おすすめ&実践!!最強の背中の筋肉をつくる種目

2019年に10代でミスター東京、そして日本選手権ファイナリストとなり、ボディビル界の超人となった相澤隼人選手。そんな相澤選手が「今、この種目の重量を伸ばしたい!」と考えている種目「ベントオーバーロウイング」。

取材・文:藤本かずまさ 撮影:岡部みつる

▶最年少王者・相澤隼人おすすめ!!肩をデカくする上半身のスクワット「バーベルフロントプレス」

ベントオーバーロウイング

足幅は腰幅程度。足裏全体で踏んで立ち、バーをアンダーグリップで保持する。手のひらの中央部でしっかりと握ること。まずはデッドリフトの要領でバーを引き上げて立ち、内転筋を締めた状態で腹圧をかけ、お尻を引いてスタートポジションをつくる。ベントオーバーロウイングの動作としては2段モーションとなり、まずは膝上あたりの位置にバーを持ってきてスタートポジションを取る。そこから背中をストレッチしてバーを膝下まで下げ、上方向に伸び上がるようにしてバーを引き上げる。このとき、お尻は高い位置をキープ。上体を起こす角度が高くなるとシュラッグになってしまうので注意

続けてお読みください。
▶【仰天ビフォーアフター】これぞ”10代の力”兄の影響で始めた筋トレでボディビル最年少王者に!相澤隼人


藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。


-トレーニング, mens
-,