背中のトレーニングでは指で握らない

「握り」はマシンの負荷を効率的に体に伝えるという意味では「フォーム」と同じか、それ以上に重要な要素となる。背中のトレーニングにおいて指で握るとどうなるのかを中心に解説しよう。

IRONMAN2019年10月号鈴木雅トレーニングアップデート術より

指で握るとどうなるか

●手首が背屈しやすくなり、ストレッチポジションでは三角筋後部、大円筋にテンションがかかる。
●そのままロウイング動作を行うと尺骨側ではなく橈骨側の筋肉が収縮して肘が曲がる。
●脇を閉じるフォームとなるため、広背筋よりも大円筋への刺激が強くなる。
●肘が曲がることで上腕二頭筋への刺激も強くなる。

グリップは中手骨(手のひら)から握れ!

●不要な手首の動きが少なくなり、肘が曲がりづらくなる。
●そのため上腕二頭筋の関与も少なくなる。
●上腕骨が外側に引っ張られるため、連動している肩甲骨が上方回旋しやすくなる。
●上方回旋・下方回旋しやすくなるので広背筋に効かせやすくなる。

背中のストレッチの例。指でバーなどを持ちストレッチした場合は広背筋よりも三角筋後部、大円筋が伸ばされる。また、前腕に不必要なストレスがかかる。

中手骨(手のひら)でバーを持ってストレッチした場合は広背筋が伸ばされる。

鈴木雅(すずき・まさし)
1980 年12月4 日生まれ 福島県出身。
2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009 年ワールドゲームズボディビル80㎏級3 位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016 年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2 つの世界大会でも優勝を果たした。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧