ボディビル日本王者相澤隼人VSイケメンボディビルダー嶋田慶太の肩トレーニング対決

 

2022年4月26日、この日は2020年から20年にかけて連載して頂いた『ガチンコ トレーニングバトル』の復刻として、日本人離れした美しいプロポーション、丸い筋肉、硬い皮膚感、そしてなんと言ってもイケメンすぎる顔を武器にステージに立つ、嶋田慶太選手とガチンコトレーニングバトルを行った。
雑誌『月刊ボディビルディング』を手にしている方ならご存知であろう、嶋田慶太選手は今までのボディビルの形を新しく塗り替えてもおかしくないほどの身体を作り、嶋田選手が持つオーラは見るもの これでもかと魅了する。決して爆発的に筋肉量が多いという選手ではないが、嶋田選手 にしか表現できないあの独特な身体は、いかにして作られたのか。今回は私の弱点であり、 嶋田選手の得意部位でもある肩のトレーニングを行うことになった。
以下、この日に行ったトレーニングの説明である。

マシンショルダープレス(FLEX)

◆狙う部位:三角筋前部

肩の日の第1種目はFLEXのマシンで行うショルダープレスである。嶋田慶太選手はトレーニングにおいてPOF法を用いて行うことが多く、FLEXのショルダープレスは直線軌道である為、絞り込む動きが出来ず収縮位での刺激は弱いが、ストレッチポジションからミッドレンジポジションにかけては強い負荷を受けることができる。その為、収縮させる事の意識はあまり強く持たず、三角筋にテンションが掛かっている状態での伸長・収縮動作を心がけている。
また、動作は背もたれが身体の前にくる向(逆向き)で行う為、体幹の安定が必要不可欠となる。シートに浅く腰掛けてしまうと、腹圧が抜けやすく身体が開き、結果三角筋から刺激が抜けてしまう為、しっかりとシートに座る。座るというよりは、足で支えるとい表現の方があっているかもしれない。
グリップはサムアラウンドグリップで握るが、親指人差し指側の握りを強くし、三角筋前部の神経伝達を促す。1回の動作はおおよそ3カウントのイメージで、1カウントで押し2カウントかけて降ろす。後半に差し掛かると気持ちが先行して、挙げることに精一杯になり最後の1回を挙げきって脱力をしてしまうが、嶋田選手はそこを丁寧にコントロー ルしていた。
この種目では、三角筋の刺激はもちろんのこと、体幹の保持を必要とする為、全身へのダメージが大きかった。

マシンショルダープレス(STRIVE)

◆狙う部位:三角筋前部

第1種目のショルダープレスは、主にストレッチからミッドレンジでの刺激であった。そこで補えない、絞り込む動きをここで行なっていく。STRIVEのショルダープレスは、FLEXとは異なり、三角筋の走行に合わせて動作を行うことができる。 それにより収縮時にも負荷を受けることが可能になる。
STRIVE特有の可変抵抗カムを2番(終動負荷)に設定し、徹底的に収縮ポジションでの負荷を強めていく。シートの位置はあまり高い位置に設定せずに行った。このマシンはグリップが太いため、サムレスグリップで、手のひらの手首に近い位置(掌底)で押す。収縮時の負荷を狙うため、しっかりと肘を伸ばすのかと思ったが、嶋田選手は三角筋からテンションが抜けないように、完全に伸び切る手前で切り返していた。
終動負荷の為、押すにつれて負荷が強くなる。こちらも後半は身体が開きやすくなってしまった。しかし、嶋田選手は粘っても身体の開きがほとんど見られなかった。動作を見ると、軽くアゴを引き、気持ち拇指寄りで踏ん張る事により腹圧が抜けるのを最小限に抑えていた。


相澤隼人(あいざわ・はやと)1999年10月21日生まれ、神奈川県相模原市出身。身長164㎝、体重75㎏(オン)85㎏(オフ)
トレーニングを先にしていた双子の兄の影響から12歳でトレーニングをはじめ、非常に向上心があり、勉強熱心な性格と成長期が重なったこともあり、すさまじいスピードで成長が進行している若手No.1選手。若手と言いながらも、ボディビル歴8年というから驚きだ。2021年日本選手権優勝の快挙達成。
主な戦績:
2015~2017年 全国高校生選手権優勝、2017年 日本ジュニア選手権優勝 世界ジュニア選手権75㎏級5位、2018年 全日本学生選手権優勝、2019年 東京選手権優勝 日本クラス別選手権70㎏級4位、全日本学生選手権優勝、日本選手権9位、2021年日本クラス別選手権80㎏以下級優勝、日本選手権優勝


嶋田慶太(しまだ・けいた)
1985年7月31日生まれ、福岡県田川市出身。身長167cm、体重73kg(オン)77kg(オフ)ゴールドジム博多リバレインにてパーソナルトレーナーとして活動中。バランスの取れた芸術的な肉体で、2019年の日本選手権で初めて決勝に進出し、トップ選手の仲間入りとなった。
主な戦績:
2014年 西日本選手権大会4位、福岡県選手権大会男子優勝、福岡県選手権大会ルーキーズ優勝、福岡県クラス別選手権大会70kg超級&オーバーオール優勝、九州選手権大会優勝
2015年 西日本選手権大会優勝
2018年 中央・東アジア選手権75kg以下級&オーバーオール優勝
2019年 ジャパンオープン選手権優勝、日本クラス別選手権75kg級優勝、日本選手権11位
2020年 ゴールドジムJAPAN CUP・ボディビル75kg以下級2位
2021年 日本クラス別選手権75㎏以下級優勝、日本選手権6位

◀トップページに戻る

関連記事☟

 

ピックアップ記事

関連記事一覧