• HOME
  • 記事
  • トレーニング
  • 【質問】下半身を鍛えたほうが、上半身の筋肉も肥大しやすいのですか?【1分で解決!筋トレQ&A】

【質問】下半身を鍛えたほうが、上半身の筋肉も肥大しやすいのですか?【1分で解決!筋トレQ&A】

【ボディビル世界チャンピオン鈴木雅選手の回答】
メリットが多いので行ったほうがいいです。

【関連写真】ボディビル世界王者に輝いた鈴木雅選手の重厚な肉体美

下半身を鍛えるメリットの一つは血流量です。下半身のトレーニングをやることで血流量が増えます。血流量の増加は、筋肉の発達にとって重要な成長ホルモンやテストステロンの分泌にも関わってきます。

またもう一つ、機能の面から考えると、下半身を鍛えることで正しいトレーニングフォームの土台ができてきます。例えばベントオーバーロウイングなど、下半身で支えながら上半身を動かす種目は非常にたくさんあります。土台となる下半身がしっかりとすることで、上半身の出力も上がっていきます。

さらには下半身を鍛えて姿勢が改善することで、上半身の筋肉もバランスよく発達していくことが考えられます。

鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。

◀トップページに戻る

取材:藤本かずまさ 撮影:岡部みつる 構成:FITNESS LOVE編集部

ピックアップ記事

関連記事一覧