有酸素運動はやらなくていいというわけではない

有酸素運動が大好きだというウエイトトレーニーはあまり多くないが、だからといってやらなくていいというわけではない。

文:Brad Stein, NASM-CPT
翻訳:ゴンズプロダクション

有酸素運動について

有酸素運動は日々、適度に行ってほしい。もちろん、疲労困憊するまで行う必要はない。特に体脂肪率が高い人は、少しでも減らしていく努力は必要だが、最初からあれこれ欲張ってもなかなかうまくはいかない。それでも、一定のペースで有酸素運動を行って、体脂肪を少しでも燃焼させていくようにしよう。

HIITについて

トレーニング初級者でも、情報収集をしている人はHIIT(高強度インターバルトレーニング)について知っているはずだ。HIITは体脂肪を燃焼させるためのトレーニング法としてとても人気がある。もちろん、初級者でもトレーニング時間が限られているという人はHIITを行って構わない。もし、もっと時間がかけられるなら、ゆっくりした一定のペースで、少し長めに有酸素運動を行うようにしたほうが、疲労の回復という意味で初級者にはおすすめだ。

ピックアップ記事

関連記事一覧