• HOME
  • 記事
  • ヨガ , womens
  • 元バスケ部のヨガインストラクター「自分の身体に意識を向けるヨガにハマりました」

元バスケ部のヨガインストラクター「自分の身体に意識を向けるヨガにハマりました」

藤澤悠里理想的な美しい姿勢を作り、穏やかな心を養うために欠かすことのできないヨガやピラティス。ここでは、全国の実践者たちがヨガやピラティスを始めたきっかけや日常生活で気を付けていることについてご紹介します。
文:FITNESSLOVE編集部

【写真】藤澤悠里さんの美しいアーサナ

――自己紹介をお願いします。
「千葉や東京で活動。平日は仕事をしていますが、土日や平日夜にインストラクターをしています。幼児教育に携わっていたこともあり、大人も子どものようにチャレンジしていくクラスにしています。さまざまなアーサナにチャレンジしたい方へ。何でも楽しく挑戦するマインド作りを心がけています」

――ヨガ(またはピラティス)を始めたきっかけを教えてください。
「趣味を作りたい、運動したいと思って始めました。バスケットボールをやっていましたが、自分の身体一つひとつに意識を向けるヨガにハマりました」

――始めてよかったことはありますか?
「何事も素直に行動し、いろいろな方と出会うことができ、仕事に対して前向きになりました」

――1日の生活の中でヨガをいつ、どのように取り入れていますか?
「毎朝、1~2時間練習しています」

――日常生活で気を付けていることとその理由は?
「素直で前向きに過ごすこと。ストレスをストレスだと思わないこと。周りも自分もHAPPYに、笑顔になれます」

▶次のページ:藤澤悠里さんの美しいアーサナ

ピックアップ記事

関連記事一覧