ミスターボディビルディング小沼敏雄トレーニング|重心移動がカギ!ハックプレス

ミスターボディビルディング小沼選手が実際にゴールドジムで行っているトレーニングを解説。今回は「脚の前」の日の種目ハックプレスをご紹介。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

ハックプレス
内側広筋&大腿直筋<重心移動は内側の軌道>

使用マシン
HAMMER STRENGTH
ハックプレス
お尻を突き出した姿勢でできるので内側広筋から大腿直筋まで収縮できる。この姿勢がハックスクワットではできない。また、レッグプレスと動作が似ているが、これをレッグプレスで行おうとすると、最後は膝を絞るような形になるので収縮をかけるのが難しい

やり方

これも収縮重視の種目。ハックプレスはお尻を突き出した姿勢で行えるため、ハックスクワットでは難しい内側広筋を狙うことができる。足は逆「ハ」の字に開き、足幅は腰幅程度。カカトはフットプレートからはみ出させる。ストッパーの位置からスタートし、お尻で後方に押し込む。下ろすときはお尻を突き出すようなイメージで戻していく。

重心移動はハックスクワットの逆側の軌道。ボトムでは母指球。そこから支点となっているカカトの上方(やや内側)に重心が移動する。ハックスクワットは外側を通るイメージで、こちらは内側を通る。

ボトムからフィニッシュまでの重心移動のイメージ

ピックアップ記事

関連記事一覧