強烈な刺激を持続し上腕二頭筋の内側を徹底的に追い込む!

“令和の怪物”相澤隼人選手が武者修行として、先輩トップビルダーのトレーニングルーティンに挑戦するという月刊ボディビル誌の名物企画、ガチンコトレーニングバトル。1996、2000年にアジア選手権75㎏級優勝、2000、2006年にはボディビル日本選手権を制し、その屈強な身体つきから“鋼鉄の男”と呼ばれている谷野義弘選手のガチトレ。今回の『インクライン・ダンベルカール』は相澤選手の考えるポイントを紹介していこう。

取材・文:月刊ボディビルディング

【合わせて読みたい!谷野義弘の「胸」トレシリーズ】
▶谷野式ディップスで大胸筋を徹底的に追い込む
▶谷野式プルオーバーで胸に重量感をもたらす
▶鎖骨が埋まるほどの大胸筋上部プレス

インクライン・ダンベルカール
狙う部位:上腕二頭筋

こちらの種目は、相澤隼人選手の考えるポイントを紹介していく。上腕二頭筋のストレッチを狙っていくのだが、過度にストレッチをさせてしまうと怪我に繋がる為、ベンチはある程度起こした状態で行う。手のひらの真ん中でダンベルをホールドし、手首が返らないように注意する。肘を固定したままで動作を行なってしまうと上腕筋に刺激が逃げてしまい、二頭筋への刺激が弱くなるため、顎を軽く引きながら腕を巻き込むようにカール動作を行う。

インクライン・ダンベルカール

インクライン・ダンベルカール

時期によって前腕の回内外を使いながら行う時もあるが、今回は手のひらが前に向くようにして行った。そうする事により、長頭、短頭ともに満遍なく刺激を入れることができる。

谷野選手も相澤流インクライン・ダンベルカールを体感

【関連記事】
▶腕立て伏せとベンチプレスは何が違うのかを論理的に解説

仰天!レジェンドたちのビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧