夏までに痩せる! 燃焼系ファットバーンの活用法

絞れた体はかっこいい。アスリートであろうとなかろうと、体脂肪が低く抑えられている肉体は洗練されて見える。そのために多くの人が燃焼系ファットバーナーのサプリメントを摂取しているようだ。

text by IRONMAN

燃焼系ファットバーンの効果

燃焼系ファットバーンは体温を高めることで体脂肪を優先的に燃焼させ、それによって体脂肪を減らしていこうというサプリメントである。

燃焼系ファットバーナーの多くには、刺激物質としてのカフェイン、ヨヒンベ、カプサイシン、ガラナ、緑茶エキス、ビタミンB群、エフェドリン、その他数多くのハーブが含まれている。これらの成分は体の代謝を高め、心拍数や呼吸数を増やし、脳機能を活発にする作用をもたらす。

ただし、ファットバーナーを摂取したからといって、それだけで体脂肪の燃焼が促されるわけではない。

ファットバーナーを摂取し、しっかり運動を行う。これがサプリメントを最大限に活用するための基本である。これさえ摂ればあとは何もしなくていいというわけではないのだ。

さらに述べておくと、ファットバーナーのサプリメントを摂取するのは、減量のための食事と運動を行っていることが前提だ。

本来なら食事と運動を工夫しながら体脂肪を減らしていくわけだが、それにプラスアルファの作用を得るために用いるのがファットバーナーということだ。

摂取法

朝食の30〜40分前に摂取すれば、代謝が低下している起床後の体を目覚めさせてくれるはずだ。商品によっては毎食前の摂取をすすめたり、あるいは、ワークアウトの30〜60分前に摂取するようにアドバイスしているものもあるようだ。いずれにしても、選択した商品のラベルに従って摂取してみるといいだろう。

ただし、夜寝る前の摂取は控えたほうがいい。刺激物質が入っているため睡眠が妨げられる可能性があるからだ。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧