筋トレに集中できない!そんな人におすすめしたい栄養素

カフェインの錠剤は摂っていないという人でも、1日に数杯のコーヒーは飲んでいるのではないだろうか。。その理由は、コーヒーの中に含まれるカフェインの作用を得たいからだろう。カフェインをサプリメントとして摂るときの効果と摂り方をご紹介しよう。

文:Sarah Chadwell, NASM-CPT 翻訳:ゴンズプロダクション

【おすすめ】大胸筋関連の記事一覧

カフェインの効果

カフェインの作用を得ることが目的なら錠剤のほうが効きが早い。特に朝の目覚めをよくする目的なら1分でも早く効かせたいので、錠剤のほうが適している。また、カフェインの錠剤は一度に100〜200mgのカフェインを摂ることができるし、あるいは時間の経過とともに少しずつ溶けてカフェインの作用が持続するタイムリリース型を選択することもできる。摂取量の目安としては、体重1㎏あたり2〜3mgのカフェインであれば問題はないはずだ。

早朝のトレーニングが習慣であるという人にとっては、カフェインが競技能力の向上をもたらしてくれる点も見逃せないはずだ。実験によると、カフェインは中枢神経に作用して疲労や痛みを感じにくくしたり、やる気を高めたりする働きがあるので、それが競技能力の向上につながるのではないかと考えられている。

カフェインの摂り方

カフェインの錠剤を摂るなら、起床時やワークアウトの45〜60分前に摂取するといいだろう。

おすすめ記事一覧

ピックアップ記事

関連記事一覧