トレーニング mens

「頻繁にメニューを変えるのはおススメしません」トレーニング初~中級者が覚えておきたいこと

鈴木雅選手×加藤直之選手のおすすめ分割法

◆番外編~3分割の場合~

週に4回通うことを想定して、BIG3を基準にして3分割にする場合、どれも刺激がかなり強い種目になるので、セット数を少なめにして、回数を10回以上繰り返すと良いでしょう。デッドリフトの日に、もう少し腕を強くしたいなら、バーベルカールやアームカールを付け加える。
胸のところにマシンフライを加えるなど、ここで初動・中動・終動の組み合わせを行うと良いかもしれません。脚の日には、クランチやリバースクランチを加えて腹筋を強化してもいいですね。どの日も、多くても7種目までだと思います。これでも量が多ければ調整する必要があります。


鈴木 雅(すずき・まさし)
1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。DMM オンラインサロン“ 鈴木雅塾”は好評を博している。


加藤直之(かとう・なおゆき)1981年生まれ、埼玉県出身。身長161㎝、体重69~71kg(オン)74~75kg(オフ)。トレーニング以外の趣味:子どもの寝顔を見ること。「親バカです(笑)」
主な戦績:
2005年千葉県ボディビル選手権優勝/2008年関東クラス別選手権75kg級優勝/2011年関東ボディビル選手権優勝/2012年ジャパンオープン選手権優勝/2013年日本選手権9位/2014年日本選手権11位、日本クラス別選手権70kg級優勝/2019年日本選手権3位、日本クラス別選手権70kg級3位、2021年日本クラス別選手権優勝、日本選手権4位、IFBB世界選手権40ー44歳80㎏以下級3位


飯塚さき
1989(平成元)年生まれ、さいたま市出身。早稲田大学国際教養学部卒業。ベースボール・マガジン社に勤務後、2018年に独立。フリーランスの記者として『相撲』(同社)、『大相撲ジャーナル』(報知新聞社)、『IRONMAN』(フィットネススポーツ)、スポーツ庁広報ウェブマガジン『Deportare』などで執筆中。2019年ラグビーワールドカップでは、アメリカ代表チーム通訳として1カ月間帯同した。

◀トップページに戻る




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-, , , ,