トレーニング mens

「1日に食パン3斤、牛乳3ℓ、卵30個、プロテイン100g、寝る前に鍋一杯の雑炊」伝説の男の増量法

ボディビルダーはもちろん、ウエイトトレーニング愛好家や、一般男性でも「デカくなりたい!」と一度は思ったことがあるに違いない。体重が競技のパフォーマンスに直結するコンタクトスポーツのアスリートも同様ではないだろうか。そこで日本ボディビル選手権において2008、2009年に最高位2位まで登り詰めた“伝説”の異名を持つ須江正尋選手に、自身が行ったバルクアップの食事法を聞いてみた。体重が増えにくいトレーニーや、これから身体を大きくしたいアスリートはぜひ参考にしていただきたい。

【写真】究極の背中を見せる伝説のボディビルダー・須江選手の筋肉美

■須江正尋選手のバルクアップ法
・一番増えたときの体重の変化
1987年10月~11月までの3週間(ボディビル開始2年目、20歳時)で68㎏→75㎏

・一番体重を増やした期間の1日の食事とサプリメントの摂取法
朝昼晩以外に、食パン3斤、牛乳3リットル、卵30個(全卵)、プロテイン100g、就寝前に鍋一杯の雑炊を1日のノルマとしました。当時は、体重が増えず、1年くらい変動がありませんでしたが、この食事で3週間で7㎏増えました。体重と同時にパワーも急激に伸びました。3週間たったところで体調が悪くなり、卵は10個に減らしました。

取材:FITNESS LOVE編集部

【写真】究極の背中を見せる伝説のボディビルダー・須江選手の筋肉美

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-,