• HOME
  • 記事
  • ヨガ
  • 意識がアーサナに向いてしまうとよくない?【ヨガ世界チャンピオンが解決!素朴なヨガの悩み】

意識がアーサナに向いてしまうとよくない?【ヨガ世界チャンピオンが解決!素朴なヨガの悩み】

読者 yogi から集めた〝疑問・不安〟をヨガ世界チャンピオンの三和由香利さんに聞きました。
今回は、「意識がアーサナばかりに向いてしまってもいいのか?」というお悩みです。

Q.意識がアーサナに向いてしまう…

どうしても意識がアーサナばかりに向いてしまいます。それはあまりよくないことでしょうか?

A. こだわりはない

意識がアーサナに向いているということはそのアーサナと向き合えているということで、よくないことなどないと思います。アーサナを深めれば動きながらにして瞑想状態にも持っていけると思います。
また集中力や忍耐力の向上にもつながる身体鍛錬となり、アーサナだけでも奥が深くゴールはありません。よい、悪いではなく、アーサナをしていないときもヨガの哲学を生活の中に自然に取り入れるだけで世界が変わることもあると思いますので、ヨガにこだわりすぎず自分らしく生きることが大切ではないでしょうか。

 

三和由香利 (みわ・ゆかり)
ヨガコーディネーター。25歳で渡米後、ホットヨガを体験したことからヨガの世界に。
2006年から指導を始め、07年より5年連続でヨガ世界大会「International YogaAsana Championship」に出場、11年に世界チャ ンピオンとなる。
ヨガの魅力を多面的に伝えるべく、イベントやテレビ、雑誌などに多数登場。
ピラティスインストラクターとしても活動するほか、コリオグラファー(振付師)としてCMや写真撮影にも関わる。
NHKにてホットヨガの番組を担当し、テキストを2冊発刊する他、
現在重版している「200のポーズがわかるYOGA図鑑」など著書を6冊出版。

文: 三和 由香利

ピックアップ記事

関連記事一覧