レジェンド小沼敏雄が編み出したマシン最先端活用術!ハム伸展重視のレッグカール

“ミスターボディビルディング”と呼ばれるレジェンド小沼敏雄選手が実際に行っているトレーニングを解説。今回は「脚の後ろ」の日に行っているプローン・レッグカールを紹介する。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

プローン・レッグカール
ハム伸展重視 <上体を持ち上げながらネガティブをかける>

使用マシン
ICARIANプローン・レッグカール
このマシンは上体をシーソーのように動かせる。収縮ポジションとストレッチポジションで自由に動けるのがメリット。

やり方

スタートでは上体をシートに預けず、持ち上げた状態で構える。足のパッドは足首ではなく、ふくらはぎのあたりに置く。

膝関節→殿部の順番で上げていく。フィニッシュでは上体が前かがみになり、大腿が浮く。膝だけを曲げると膝裏の部分にしか効かないが、大腿まで上げることでハムストリングの起始部の方まで収縮できる。

戻すときは、上体を持ち上げながら、太ももをシートに押し付けるようにしてネガティブをかけていく。
上体を持ち上げることでネガティブで耐えられる。

ピックアップ記事

関連記事一覧